トップ > クラフトマン21

「ものづくり人材育成のための専門高校・地域産業連携事業」
(通称「クラフトマン21」)

 この事業は、地域産業界と工業高校の連携によるものづくり人材育成の仕組みを構築することを目的として、地域の産業界・工業高校・行政が協力して教育プログラムを開発、実証する地域に対して文部科学省と経済産業省が共同して(文部科学省事業名:ものづくり人材育成のための専門高校・地域産業連携事業」(通称「クラフトマン21」))支援を実施するもので、全国で26件の地域が指定を受けています。

 山梨県では、産業界は(財)やまなし産業支援機構、教育界は山梨県教育委員会が事業実施機関となり、甲府工業高校・韮崎工業高校・谷村工業高校の3校で「半導体製造装置・産業用ロボットに係る基盤的技術人材育成プログラム〜PDCAサイクル型問題解決人材の育成を目指して〜」を実施しています。

クラフトマン21組織図
ものづくり人材育成のための専門高校・地域産業連携事業
未来(あす)のクラフトマン 技術者となる前に人間となれ
  題目:未来(あす)のクラフトマン
  Windows Media Video形式:7分37秒
  制作:放送委員会
  題目:技術者となる前に人間となれ
  Windows Media Video形式:7分22秒
  制作:放送委員会

 

平成21年度「地域産業の担い手育成プロジェクト」(ものづくり分野)成果報告書(3年次)
平成22年3月 山梨県教育委員会 (財)やまなし産業支援機構
(PDFファイル)


   資料

▲このページのトップへ