トップ > クラフトマン21 > 平成20年度実施内容および予定

平成20年度実施内容

▲このページのトップへ

企業技術者による講義

企業技術者による講義
企業技術者による講義 企業技術者による講義
企業技術者による講義 企業技術者による講義 企業技術者による講義
企業技術者による講義 企業技術者による講義 企業技術者による講義
  1. 目的  ものづくりに関わる高校と地元企業および行政が連携して、若い工業人を育成するための教育プログラムを開発し、また教育・企業・行政の連携の在り方などを検討・実施し、地域活性化のための標準モデルを構築する。
  2. 企業技術者による講義 対象学年、生徒数
    機械科 1年生 1組(40名) および2組(40名)
    電気科 1年生 1組(40名) および2組(40名)
    電気科 3年生 1組(35名) および2組(37名)
  3. 企業技術者による講義企業
    企業名
    学習領域
    松下政経塾
    ものづくりの心を育てる教育
  4. 講師 松下政経塾 塾生 宮川 典子 様
  5. 演題 モノ造りにとらわれない『ものづくり』 
  6. 企業技術者による講義実施日  12月19日(金) 5校時・6校時(13:40〜15:30)
    日程
    はじめの言葉 13:40〜13:50
    講師紹介 13:50〜14:00
    講義 14:00〜15:00
    質疑応答 15:00〜15:20
    お礼の言葉 15:20〜15:30
  7. 企業技術者による講義回数  各クラス1回
  8. 企業技術者による講義引率  鈴木(担任) 後藤(担任) 長田 時田 樋口 飯沼 前嶋 中山
  9. 企業技術者による講義安全及び事故対策
    事前指導をおこない、しっかりとした行動が出来るよう注意喚起する。
  10. その他
    @筆記用具、学習ノート等
    A服装は制服を着用すること。
▲このページのトップへ

機械科2年生 高度熟練技能者による機械加工実技指導講習会

  講習会の様子

高度熟練技能者による機械加工実技指導講習会
高度熟練技能者による機械加工実技指導講習会 高度熟練技能者による機械加工実技指導講習会
高度熟練技能者による機械加工実技指導講習会 高度熟練技能者による機械加工実技指導講習会 高度熟練技能者による機械加工実技指導講習会
高度熟練技能者による機械加工実技指導講習会 高度熟練技能者による機械加工実技指導講習会 高度熟練技能者による機械加工実技指導講習会
  1. 目的  高度熟練技能者を国家検定3級技能検定実技講習指導者として招き、新時代に適合した若年ものづくり人材の育成を図る。
  2. 日時  平成20年12月10日(水) 5時限〜6時限(13:40〜15:30) 準備・設定 13:00〜
  3. 会場  機械加工実習室:普通旋盤
  4. 対象者  機械科の2年生で次の生徒を対象とする。
    ・国家検定「3級技能検定機械加工(普通旋盤作業)」の資格取得を考えている生徒。
  5. 内容  高度熟練技能者による 国家検定「3級技能検定機械加工(普通旋盤作業)」の実技講習指導を見学する。
  6. 講師  山梨県職業能力開発協会 技能振興課 次長  山口 安男 様
         山梨県職業能力開発協会 技能振興課 推進員 宮澤 秋雄 様
         パナソニック ファクトリーソリューションズ(株)
           高度熟練技能者(旋盤) 森田 久義 様 (実技担当)、河本 光義 様 (解説担当)
  7. 日程
    (1)【開講式】13:40〜 ・対象の生徒は、機械加工実習室へ全員集合
                   ・講師紹介及びあいさつ、内容説明、日程確認
    (2)【機械加工実技講習】13:50〜15:10(1時間20分)
                  ・普通旋盤作業
    (3)【閉講式】15:10〜 ・まとめ(高度熟練技能者より)
    (4)【清掃】 15:20〜
  8. 参加申し込み  国家検定を受検したい生徒及び見学したい生徒はHR担任に申し出る。
  9. その他
    (1) 実習服を着用、実習日誌・筆記用具を持参する。
    (2) 普通旋盤作業の見学者は、「注意事項」と「課題図」を実習日誌へまとめ提出する。
▲このページのトップへ

機械科1年生 企業見学の実施要項および画像

  1. 目的  ものづくりに関わる高校と地元企業および行政が連携して、若い工業人を育成するための教育プログラムを開発し、また教育・企業・行政の連携の在り方などを検討・実施し、地域活性化のための標準モデルを構築する。
  2. 対象学年、生徒数  1学年 機械科1組(40名) 機械科2組(40名)
  3. 見学企業
    企業名
    学習領域
    企業の製品
    横河マニュファクチャリング株式会社
    計測・制御・情報分野
    素材加工やプリント基板加工、
    表面実装
    テクノフェアー・
    マルチメディアEXP
    県内企業製造関係
    県内企業製品
  4. 見学実施日  平成20年11月21日(金)
  5. 見学回数  機械科1組・2組 1回 1社・1フェアー
  6. 時間 
    学校出発(9:30)=1社目見学(10:30〜12:00)=昼食(12:00〜13:30)=  2社目見学(13:30〜15:00)=学校帰着(16:00)
  7. 移動手段  大型バス2台(各組1台)
  8. 引率  1組 鈴木(担任) 長田  2組 後藤(担任) 永田
  9. 安全及び事故対策  事前指導をおこない、しっかりとした行動が出来るよう注意喚起する。また、万一に備えて旅行傷害保険にも加入する。
  10. その他
    @筆記用具、事前研究資料の他、必要に応じて実習用作業服、帽子、上履きを用意すること。
    A服装は制服を着用すること。

  当日の画像

横河マニュファクチャリング株式会社 横河マニュファクチャリング株式会社
横河マニュファクチャリング株式会社
横河マニュファクチャリング株式会社
横河マニュファクチャリング株式会社 横河マニュファクチャリング株式会社
横河マニュファクチャリング株式会社
横河マニュファクチャリング株式会社
テクノフェアー・ マルチメディアEXP テクノフェアー・ マルチメディアEXP
テクノフェアー・ マルチメディアEXP
テクノフェアー・ マルチメディアEXP
▲このページのトップへ

機械科2年生 企業実習の実施要項および画像

  1. 目的  ものづくりに関わる高校と地元企業および行政が連携して、若い工業人を育成するための教育プログラムを開発し、また教育・企業・行政の連携の在り方などを検討・実施し、地域活性化のための標準モデルを構築する。
  2. 対象学年、生徒数  2学年 機械科1組(39名) 機械科2組(38名)
  3. 見学企業
    企業名
    学習領域
    企業の製品
    (有)丸眞熱処理
    機械工作・金属熱処理
    金属の熱処理
    鞄d溶工業
    機械加工・CAD製図
    スポット溶接機及び部品製造
    浅川熱処理
    機械工作・金属熱処理・硬さ試験
    金属の熱処理
    鞄n辺精機
    機械加工・組立
    半導体製造装置・精密部品製造
    潟Tンシン精工
    機械加工・組立
    精密機械加工・金型・治工具等
    藤精機株式会社
    機械加工・組立
    精密板金加工・プレス金型製作
    兜岸商会
    金属切断・MC加工等
    金属素材切断・MCによる加工
  4. 見学実施日  
    1組 10月16日(木) 4校時〜6校時  11月13日(木) 4校時〜6校時
    2組 10月27日(月) 4校時〜6校時  12月15日(月) 4校時〜6校時
  5. 見学回数  機械科1組・2組 1社 1回
  6. 時間 
    学校出発(12:40)=企業実習(13:00〜15:00)=学校帰着(15:30)
  7. 移動手段  学校自動車・私用車  タクシー×4日間
  8. 引率  1組 宮澤 沢登 石合 長田  2組 若月 市 川 石合 長田
  9. 安全及び事故対策  事前指導をおこない、しっかりとした行動が出来るよう注意喚起する。また、万一に備えて旅行傷害保険にも加入する。
  10. その他
    @筆記用具、事前研究資料の他、必要に応じて実習用作業服、帽子、上履きを用意すること。
    A服装は制服を着用すること。

  当日の画像

兜岸商会 兜岸商会
兜岸商会
兜岸商会
兜岸商会 兜岸商会
兜岸商会
兜岸商会
▲このページのトップへ

機械科2年生 企業見学の実施要項および画像

  1. 目的  ものづくりに関わる高校と地元企業および行政が連携して、若い工業人を育成するための教育プログラムを開発し、また教育・企業・行政の連携の在り方などを検討・実施し、地域活性化のための標準モデルを構築する。
  2. 対象学年、生徒数  2学年 機械科1組(39名) 機械科2組(38名)
  3. 見学企業
    企業名
    学習領域
    企業の製品
    キヤノンアネルバ株式会社
    半導体製造
    真空成膜加工装置/半導体製造装置
    竃q野フライス製作所
    工作機械製造
    マシニングセンター等工作機械製造
  4. 見学実施日  平成20年10月21日(火)
  5. 見学回数  機械科1組・2組 1回 2社
  6. 時間 
    学校出発(9:00)=1社目見学(10:00〜12:00)=昼食(12:00〜13:00)=  2社目見学(13:00〜15:00)=学校帰着(16:30)
  7. 移動手段  大型バス2台(各組1台)
  8. 引率  1組 市川(担任) 長田 2組 竜澤(担任) 鷹野
  9. 安全及び事故対策  事前指導をおこない、しっかりとした行動が出来るよう注意喚起する。また、万一に備えて旅行傷害保険にも加入する。
  10. その他
    @筆記用具を用意すること。(見学学習ノート)
    A服装は制服を着用すること。

  当日の画像

キヤノンアネルバ株式会社 キヤノンアネルバ株式会社
キヤノンアネルバ株式会社
キヤノンアネルバ株式会社
竃q野フライス製作所 竃q野フライス製作所
竃q野フライス製作所
竃q野フライス製作所
▲このページのトップへ

機械科1年生 企業見学の実施要項および画像

  1. 目的  ものづくりに関わる高校と地元企業および行政が連携して、若い工業人を育成するための教育プログラムを開発し、また教育・企業・行政の連携の在り方などを検討・実施し、地域活性化のための標準モデルを構築する。
  2. 対象学年、生徒数  1学年 機械科1組(40名) 機械科2組(40名)
  3. 見学企業
    企業名
    学習領域
    企業の製品
    潟泣lサステクノロジ
    半導体製造
    半導体のウエハー上のプリント等
    竃q野フライス製作所
    工作機械製造
    マシニングセンター等工作機械製造
  4. 見学実施日  
    平成20年7月10日(木)
  5. 見学回数  機械科1組・2組 1回 2社
  6. 時間 
    M1−1 学校出発(9:10)=1社目見学(10:30〜12:00)=昼食(12:00〜13:30)=2社目見学(13:30〜15:00)=学校帰着(16:00)
    M1−2 学校出発(9:50)=1社目見学(10:30〜12:00)=昼食(12:00〜13:30)=2社目見学(13:30〜15:00)=学校帰着(16:00)
  7. 移動手段  大型バス2台(各組1台)
  8. 引率  1組 鈴木(担任) 長田 2組後藤(担任) 永田
  9. 安全及び事故対策  事前指導をおこない、しっかりとした行動が出来るよう注意喚起する。また、万一に備えて旅行傷害保険にも加入する。
  10. その他
    @筆記用具を用意すること。(見学学習ノート)
    A服装は制服を着用すること。
    Bお弁当をバスの中で取りますので必ず持参してください。
    C挨拶をしっかり行ってください。(質問のお願いします)

  当日の画像

竃q野フライス製作所 竃q野フライス製作所
竃q野フライス製作所
竃q野フライス製作所
潟泣lサステクノロジ 潟泣lサステクノロジ
潟泣lサステクノロジ
潟泣lサステクノロジ
▲このページのトップへ

機械科3年生 企業見学の実施要項および画像

  1. 目的  ものづくりに関わる高校と地元企業および行政が連携して、若い工業人を育成するための教育プログラムを開発し、また教育・企業・行政の連携の在り方などを検討・実施し、地域活性化のための標準モデルを構築する。
  2. 対象学年、生徒数  3学年 機械科1組(37名) 機械科2組(33名)
  3. 見学企業
    企業名
    学習領域
    企業の製品
    鞄n辺精機
    機械加工・組立
    半導体製造装置・精密部品製造
    鞄d溶工業
    機械加工・CAD製図
    スポット溶接機及び部品製造
    兜岸商会
    金属切断・MC加工等
    金属素材切断・MCによる加工
    有限会社 小穴鋳造所
    機械加工・鋳造
    電動機部品・機械部品・油圧部品
  4. 見学実施日  
    1組 5月13日(火)・6月10日(火) 1校時〜3校時
    2組 5月19日(月)・6月9日(月)  1校時〜3校時
  5. 見学回数  機械科1組・2組 1社 1回
  6. 時間  学校出発(9:00)=企業実習(9:30〜11:30)=学校帰着(12:00)
  7. 移動手段  タクシー5台×2日間
  8. 引率  1組 長田・中沢・鈴木 2組 長田・市川・鈴木
  9. 安全及び事故対策  事前指導をおこない、しっかりとした行動が出来るよう注意喚起する。また、万一に備えて旅行傷害保険にも加入する。
  10. その他
    @筆記用具、事前研究資料の他、必要に応じて実習用作業服、帽子、上履きを用意すること。
    A服装は制服を着用すること。

  当日の画像

鞄n辺精機 鞄n辺精機
鞄n辺精機
鞄n辺精機
鞄n辺精機 鞄n辺精機
鞄n辺精機
鞄n辺精機
▲このページのトップへ

機械科実施計画

 4月〜6月

学年組
4月
5月
6月
企業実習 1年      
2年1組      
2年2組      
3年1組   5月19日(月)
9:10〜12:00
4社:企業実習
企業:20名
6月9日(月)
9:10〜12:00
4社:企業実習
企業:19名
3年2組   5月13日(火)
9:10〜12:00
4社:企業実習
企業:20名
6月10日(火)
9:10〜12:00
4社:企業実習
企業:19名
学校での指導 1年      
3年1組     6月
旋盤3級講習
1社:講義
6名
3年2組     6月
旋盤3級講習
1社:講義
6名
共通履修
二足歩行ロボット
  実習:3年
月:火:午前中
実習:3年
月:火:午前中
実習:3年
月:火:午前中
     
共同研究
トラクター
  課題研究:3年
月:火:午前中
課題研究:3年
月:火:午前中
課題研究:3年
月:火:午前中
機械技術部
放課後
機械技術部
放課後
機械技術部
放課後
教員の企業研修   潟Eインズ
毎週木曜日
エレクトロン関係
潟Eインズ
毎週木曜日
エレクトロン関係
潟Eインズ
毎週木曜日
エレクトロン関係

 7月〜9月

学年組
7月
8月
9月
企業実習 1年 7月10日(木)
9:10〜15:30
牧野フライス・ルネサス
企業:80名
     
2年1組        
2年2組        
3年1組        
3年2組        
学校での指導 1年        
3年 1組   7月
旋盤3級講習
1社:講義
6名
   
3年2組   7月
旋盤3級講習
1社:講義
6名
   
共通履修
二足歩行ロボット
  実習:3年
月:火:午前中
実習:3年
月:火:午前中
実習:3年
月:火:午前中
実習:3年
月:火:午前中
       
共同研究
トラクター
  課題研究:3年
月:火:午前中
  課題研究:3年
月:火:午前中
課題研究:3年
月:火:午前中
機械技術部
放課後
  機械技術部
放課後
機械技術部
放課後
  7月7日(月)
14:00〜18:00
東日本キャタピラー三菱
生徒:10名
7月22日(火)
14:00〜18:00
ヤンマー農機甲信
生徒:10名
8月13日(水)
14:00〜18:00
東日本キャタピラー三菱
生徒:10名
8月11日(月)
14:00〜18:00
ヤンマー農機甲信
生徒:10名
教員の企業研修   潟Eインズ
毎週木曜日
エレクトロン関係
  8月7日(木)
溶接研修
教員:15名
 

 10月〜12月

学年組
10月
11月
12月
企業実習 1年     11月21日(金)
9:00〜15:30
横河・テクノフェアー
企業:80名
 
2年 1組 10月16日(木)
12:40〜15:30
4社:企業実習
企業:19名
10月21日(火)
9:10〜15:30
キャノン・牧野フライス
企業:39名
11月13日(木)
12:40〜15:30
4社:企業実習
企業:20名
 
2年 2組 10月27日(月)
12:40〜15:30
4社:企業実習
企業:20名
10月21日(火)
9:10〜15:30
キャノン・牧野フライス
企業:38名
  12月15日(月)
12:40〜15:30
4社:企業実習
企業:18名
3年 1組        
3年2組        
学校での指導 1年       12月19日(金)
13:40〜15:30
松下政経塾:講義
視聴覚室:80名
3年 1組     11月
機械検査講習
1社:講義
10名
 
3年2組     11月
機械検査講習
1社:講義
10名
 
共通履修
二足歩行ロボット
  実習:3年
月:火:午前中
実習:3年
月:火:午前中
実習:3年
月:火:午前中
実習:3年
月:火:午前中
    YS電子講習会
月:火:午前中
 
共同研究
トラクター
  課題研究:3年
月:火:午前中
  課題研究:3年
月:火:午前中
課題研究:3年
月:火:午前中
機械技術部
放課後
  機械技術部
放課後
機械技術部
放課後
    10月16日(木)
14:00〜18:00
ヤンマー農機甲信
生徒:10名
11月20日(木)
14:00〜18:00
ヤンマー農機甲信
生徒:10名
 
教員の企業研修          

 1月〜3月

学年組
1月
2月
3月
企業実習 1年      
2年 1組   2月(木)
12:40〜15:30
4社:企業実習
企業:37名
 
2年 2組   2月     (月)
12:40〜15:30
4社:企業実習
企業:33名
 
3年 1組      
3年2組      
学校での指導 1年      
3年 1組      
3年2組      
共通履修
二足歩行ロボット
  実習:3年
月:火:午前中
実習:3年
月:火:午前中
実習:3年
月:火:午前中
     
共同研究
トラクター
  課題研究:3年
月:火:午前中
課題研究:3年
月:火:午前中
課題研究:3年
月:火:午前中
機械技術部
放課後
機械技術部
放課後
機械技術部
放課後
  1月22日(木)
14:00〜18:00
岩間農機
生徒:10名
2月19日(木)
14:00〜18:00
ヤンマー農機甲信
生徒:10名
2月26日(木)
14:00〜18:00
岩間農機
生徒:10名
教員の企業研修   1月29日(木)
14:00〜16:30
意見交換会
  3月
旋盤:フライス盤研修
教員:15名

▲このページのトップへ

電気科実施計画

 4月〜6月

学年組
4月
5月
6月
企業実習
3年
6月5日・6日
9:00〜12:00
アイメック
12名
6月12日・20日
9:00〜12:00
アイメック
12名
学校での指導
3年
5月22日・23日
講義
課題研究
12名

 7月〜9月

学年組
7月
8月
9月
企業実習
3年
7月10日・11日
9:00〜12:00
アイメック
12名
9月4日・5日
9:00〜12:00
アイメック・はくばく
12名
9月25日26日
9:00〜12:00
アイメック・はくばく
12名
学校での指導
3年
8月28日29日
講義
課題研究
12名
9月11日12日
講義
課題研究
12名

 10月〜12月

学年組
10月
11月
12月
企業実習
3年
10月23日24日
9:00〜12:00
アイメック・はくばく
12名
11月13日14日
9:00〜12:00
アイメック・はくばく
12名
学校での指導
3年
9月11日12日
講義
課題研究
12名

 1月〜3月

学年組
1月
2月
3月
企業実習
3年
学校での指導
3年

▲このページのトップへ