トップ > 保護者の方へ > 平成19年度のお知らせ

教育相談部だより 2008. 2. 9

 甲府工業高校教育相談部

 教育相談室「お悩み相談DAY」に決定!

  1月にお知らせした『よろず相談DAY(仮称)』のネーミング ですが、わかりやすく、『お悩み相談DAY』とすることにいたし ました。その日は、担当者が昼休みと放課後、教育相談室に在室 していますので、どうぞお気軽にご来室ください。
  『お悩み相談DAY』以外の日でも、急な相談のある時には、保健室の 岩下へ声をかけてください。
  実習棟2階、機械科製図室の隣に教育相談室ができて1か月程になります。先日、 図書室からグリーンを一鉢分けていただきましたので、少しは潤いが感じられるよう になりましたが、まだまだ殺風景な部屋です。心和むぬいぐるみや絵本などで遊休の ものがありましたら、提供していただけるとありがたいのですが・・・・・・ご協力をお願 いいたします。

 2/26「要請訪問スクールカウンセラー」来校日です

 今年度はスクールカウンセラーの川邉修作先生にお願いして面談に応じていただき ましたが、1月末までに7回実施し、延べで20名(生徒11、保護者9)の利用が ありました。  
  今年度8回目の要請訪問スクールカウンセラー来校日が2/26(火)の午後に予 定されています。今年度のスクールカウンセラー来校はこれが最後になります。  
  生徒対象はもちろん、保護者のみの面談も受け付けております。学校生活やお子さ んに関わることで悩みやお困りのことがありましたら、どうぞ専門家であるスクール カウンセラーにお気軽にご相談ください。希望される方は、保健室の岩下かHR担任 まで、早めにお知らせください。 (連絡先055−252−4896甲府工業高)

場所

  印刷用PDFファイル >> H19教育相談部だより4

▲このページのトップへ

教育相談部だより 2007. 12. 21

 甲府工業高校教育相談部

 いじめアンケートの結果から・・・・・・

  先月、全校生徒を対象に、無記名の記述式による「いじめに関するアン ケート調査」を実施しました。 回収率は81%で、その多くは、「いじめを 受けたこと」も「まわりにいじめと思われること」もないというものでした。
  「夏休み以降いじめを受けたことがある」という回答で具体的な記述のあっ たものが7件ありましたが、その内容は「冷やかしやからかい、悪口などを言われた」「持ち物を隠されたり、物を投げつけられたり、嫌なことをされたりなどのいやがら せを受けた」といったものでした。そして、その相手はほとんどが同じクラスや部活動の仲間な ど、身近な人間からでした。
  「まわりにいじめと思われることがある」については10数件の回答があり、「悪口や陰口、暴言、中傷、ものまね、からかい、いたずら、いやがらせ、パシリ、無視」といった内容でした。さら に、「まわりでいじめが起こった時できること」については、白紙回答や「何もできない」が多かったのですが、中には「止めることは難しいが、あとで相談に乗る」「通報する」「周囲に相談 する」「陰で助ける、味方になる」「声をかける」など、被害者の支えにならなれるかも・・・・とい う記述が50以上あり、「注意してやめさせる」「その場で止めに入る」も20程ありました。

 いじめを日常化させないために・・・・・・

 悲しいかな、いじめを完全に無くすことは難しい、といわれます。それはいじめが、クラス内部活内といったごく身近な人間関係の中で起きているからです。また、相手が身近な人だからこそ、いじめを受ける側の心の傷つきは大きいのです。いじめた側にそのつもりがなく、単なるおふざけであっても、相手が「いじめ」と受けとれば、それは「いじめ」になるのです。そして、おもしろがる人や見て見ぬふりをする人たちがいると、いじめはなかなかとまりません。
  もしいじめが起きたら、「やめなよ」と注意できれば一番ですが、それができなくても、ただ傍観するのではなく「絶対に認めないという冷たい視線」を向けてください。いじめをそれ以上エスカレートさせないために。そして早めに、周囲の信頼できる大人に相談したり、支えになってあげたりしてほしいのです。

 誰でもいじめる側にまわる可能性が・・・・・・

 人をいじめたとしても、いいことなんて何もありません。もしかして、自分のイライラや不安を自らコントロールできなくて、相手にぶつけているだけでは・・・・・?
  思春期と言われるこの時期は、だれもが精神的に不安定になりがちな時期ですが、だからといって自分のイライラ解消のために人を傷つけるなんて、そんな権利は誰にもありません。そんな人のためにも、教育相談はあります。思春期の疾風怒濤をカウンセラーにぶつけてみてください。 きっと出口は見つかります。

 スクールカウンセラーに気軽に相談を!

 7月より、6回にわたりスクールカウンセラーの川辺先生をお願いして、希望する生徒や保護者のカウンセリングに応じていただき、延べで21名の利用がありました。1月以降につきましても数回(1/29、2/26の午後)の要請訪問を予定しています。生徒対象はもちろんですが、保護者のみの面談も受け付けております。不登校やいじめ、対人関係の悩みや情緒問題、無気力等、学校生活にかかわることでお困りのことがありましたら、問題が大きくならないうちに、どうぞ気軽にご利用ください。  
  希望がある場合には、HR担任を通してでも、直接、教育相談部の岩下(保健室に在席)に申し込んでいただいても結構です。

 《学校以外の相談窓口》  
  山梨県の総合教育センター教育相談部では、24時間体制(土日・祝祭日含む)で学校生活にかかわる電話相談を受け付けています。
  学校教育相談ホットライン〈みないい子〉 055−263−3711

▲このページのトップへ

第3回 甲府工業高等学校生徒課題研究発表会のお知らせ

 山梨県立甲府工業高等学校
校 長  戸 田 泰 明

 寒冷の候,益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。また,本校の教育活動に対しご理解とご協力を賜り心より感謝申し上げます。  
  さて本年度も下記日程で生徒課題研究発表会を開催いたします。お忙しいこととは存じますが,生徒の学習活動の様子や研究成果をご覧いただきます様,お願い申し上げます。

 1 日 時 平成20年2月9日(土) 13:00〜
 2 会 場 甲府工業工業高校・視聴覚室(3階)
 3 内 容 工業科の特色を生かした,ものづくりや研究の成果を発表する。(各科1テーマ)
 4 参加依頼 学校評議員,保護者 中学2年生と保護者及び教職員
 5 次 第 受 付 13:00〜13:40
        開会式 13:40〜13:50
        発 表 13:50〜15:15
        閉会式 15:15〜15:30
 6 お願い
   (1)上履きを持参してください
   (2)下履きはお子さんの下駄箱をご利用ください
   (3)駐車場の関係から車はお乗り合わせでご来校ください
   (4)出欠票は平成20年1月11日(金)までに担任へ提出してください

 発表内容およびプログラムの詳細はこちらへ >> 第3回甲府工業高等学校生徒課題研究発表会 

 印刷用PDFファイル >> 第3回甲府工業高等学校生徒課題研究発表会のお知らせ

▲このページのトップへ

教育相談部だより 2007. 12. 21

 甲府工業高校教育相談部

 いじめアンケートの結果から・・・・・・

  先月、全校生徒を対象に、無記名の記述式による「いじめに関するアン ケート調査」を実施しました。 回収率は81%で、その多くは、「いじめを 受けたこと」も「まわりにいじめと思われること」もないというものでした。
  「夏休み以降いじめを受けたことがある」という回答で具体的な記述のあっ たものが7件ありましたが、その内容は「冷やかしやからかい、悪口などを言われた」「持ち物を隠されたり、物を投げつけられたり、嫌なことをされたりなどのいやがら せを受けた」といったものでした。そして、その相手はほとんどが同じクラスや部活動の仲間な ど、身近な人間からでした。
  「まわりにいじめと思われることがある」については10数件の回答があり、「悪口や陰口、暴言、中傷、ものまね、からかい、いたずら、いやがらせ、パシリ、無視」といった内容でした。さら に、「まわりでいじめが起こった時できること」については、白紙回答や「何もできない」が多かったのですが、中には「止めることは難しいが、あとで相談に乗る」「通報する」「周囲に相談 する」「陰で助ける、味方になる」「声をかける」など、被害者の支えにならなれるかも・・・・とい う記述が50以上あり、「注意してやめさせる」「その場で止めに入る」も20程ありました。

 いじめを日常化させないために・・・・・・

 悲しいかな、いじめを完全に無くすことは難しい、といわれます。それはいじめが、クラス内部活内といったごく身近な人間関係の中で起きているからです。また、相手が身近な人だからこそ、いじめを受ける側の心の傷つきは大きいのです。いじめた側にそのつもりがなく、単なるおふざけであっても、相手が「いじめ」と受けとれば、それは「いじめ」になるのです。そして、おもしろがる人や見て見ぬふりをする人たちがいると、いじめはなかなかとまりません。
  もしいじめが起きたら、「やめなよ」と注意できれば一番ですが、それができなくても、ただ傍観するのではなく「絶対に認めないという冷たい視線」を向けてください。いじめをそれ以上エスカレートさせないために。そして早めに、周囲の信頼できる大人に相談したり、支えになってあげたりしてほしいのです。

 誰でもいじめる側にまわる可能性が・・・・・・

 人をいじめたとしても、いいことなんて何もありません。もしかして、自分のイライラや不安を自らコントロールできなくて、相手にぶつけているだけでは・・・・・?
  思春期と言われるこの時期は、だれもが精神的に不安定になりがちな時期ですが、だからといって自分のイライラ解消のために人を傷つけるなんて、そんな権利は誰にもありません。そんな人のためにも、教育相談はあります。思春期の疾風怒濤をカウンセラーにぶつけてみてください。 きっと出口は見つかります。

 スクールカウンセラーに気軽に相談を!

 7月より、6回にわたりスクールカウンセラーの川辺先生をお願いして、希望する生徒や保護者のカウンセリングに応じていただき、延べで21名の利用がありました。1月以降につきましても数回(1/29、2/26の午後)の要請訪問を予定しています。生徒対象はもちろんですが、保護者のみの面談も受け付けております。不登校やいじめ、対人関係の悩みや情緒問題、無気力等、学校生活にかかわることでお困りのことがありましたら、問題が大きくならないうちに、どうぞ気軽にご利用ください。  
  希望がある場合には、HR担任を通してでも、直接、教育相談部の岩下(保健室に在席)に申し込んでいただいても結構です。

 《学校以外の相談窓口》  
  山梨県の総合教育センター教育相談部では、24時間体制(土日・祝祭日含む)で学校生活にかかわる電話相談を受け付けています。
  学校教育相談ホットライン〈みないい子〉 055−263−3711

▲このページのトップへ

教育相談部だより 2008. 1. 11

 甲府工業高校教育相談部

 教育相談室ができました!

  実習棟2階、機械科製図室の隣に教育相談室ができました。 面談用の机と椅子等があるだけで、まだガランとした部屋ですが、徐々に、気軽に立ち寄って相談ができるような場に整えていきたいと思います。
  教育相談部の教員2名が都合をつけ、週1回程度、会議や行事のない日の昼休みや放課後に「いつでも気軽に『よろず相談DAY(仮称)』」を設けていきます。予定は、相談室の入り口のカレンダーや「教育相談だより」でお知らせしますので、どうぞ気軽にご来室ください。
  勉強の悩みや部活動、人間関係での心配事、担任や科の先生には相談しにくいことなど、できるかぎり対応していきたいと思います。保護者の方からの相談にも応じていきます。校内での解決が困難な時には、必要に応じて、専門機関を紹介するなどの橋渡しもいたします。
  『よろず相談DAY(仮称)』の設定日以外でも、緊急な相談のある時には、保健室の岩下へ声をかけてください。  

 教育相談室の場所及び当面の予定は、次の通りです。

場所

 お願い:『よろず相談DAY(仮称)』にかわる若々しい感覚のネーミングを募集中。
       来室したくなるような名称を考えて、相談室入り口の袋に入れてください。

 印刷用PDFファイル >> H19教育相談部だより3

▲このページのトップへ

教育相談部だより 2007. 12. 21

 甲府工業高校教育相談部

 いじめアンケートの結果から・・・・・・

  先月、全校生徒を対象に、無記名の記述式による「いじめに関するアン ケート調査」を実施しました。 回収率は81%で、その多くは、「いじめを 受けたこと」も「まわりにいじめと思われること」もないというものでした。
  「夏休み以降いじめを受けたことがある」という回答で具体的な記述のあっ たものが7件ありましたが、その内容は「冷やかしやからかい、悪口などを言われた」「持ち物を隠されたり、物を投げつけられたり、嫌なことをされたりなどのいやがら せを受けた」といったものでした。そして、その相手はほとんどが同じクラスや部活動の仲間な ど、身近な人間からでした。
  「まわりにいじめと思われることがある」については10数件の回答があり、「悪口や陰口、暴言、中傷、ものまね、からかい、いたずら、いやがらせ、パシリ、無視」といった内容でした。さら に、「まわりでいじめが起こった時できること」については、白紙回答や「何もできない」が多かったのですが、中には「止めることは難しいが、あとで相談に乗る」「通報する」「周囲に相談 する」「陰で助ける、味方になる」「声をかける」など、被害者の支えにならなれるかも・・・・とい う記述が50以上あり、「注意してやめさせる」「その場で止めに入る」も20程ありました。

 いじめを日常化させないために・・・・・・

 悲しいかな、いじめを完全に無くすことは難しい、といわれます。それはいじめが、クラス内部活内といったごく身近な人間関係の中で起きているからです。また、相手が身近な人だからこそ、いじめを受ける側の心の傷つきは大きいのです。いじめた側にそのつもりがなく、単なるおふざけであっても、相手が「いじめ」と受けとれば、それは「いじめ」になるのです。そして、おもしろがる人や見て見ぬふりをする人たちがいると、いじめはなかなかとまりません。
  もしいじめが起きたら、「やめなよ」と注意できれば一番ですが、それができなくても、ただ傍観するのではなく「絶対に認めないという冷たい視線」を向けてください。いじめをそれ以上エスカレートさせないために。そして早めに、周囲の信頼できる大人に相談したり、支えになってあげたりしてほしいのです。

 誰でもいじめる側にまわる可能性が・・・・・・

 人をいじめたとしても、いいことなんて何もありません。もしかして、自分のイライラや不安を自らコントロールできなくて、相手にぶつけているだけでは・・・・・?
  思春期と言われるこの時期は、だれもが精神的に不安定になりがちな時期ですが、だからといって自分のイライラ解消のために人を傷つけるなんて、そんな権利は誰にもありません。そんな人のためにも、教育相談はあります。思春期の疾風怒濤をカウンセラーにぶつけてみてください。 きっと出口は見つかります。

 スクールカウンセラーに気軽に相談を!

 7月より、6回にわたりスクールカウンセラーの川辺先生をお願いして、希望する生徒や保護者のカウンセリングに応じていただき、延べで21名の利用がありました。1月以降につきましても数回(1/29、2/26の午後)の要請訪問を予定しています。生徒対象はもちろんですが、保護者のみの面談も受け付けております。不登校やいじめ、対人関係の悩みや情緒問題、無気力等、学校生活にかかわることでお困りのことがありましたら、問題が大きくならないうちに、どうぞ気軽にご利用ください。  
  希望がある場合には、HR担任を通してでも、直接、教育相談部の岩下(保健室に在席)に申し込んでいただいても結構です。

 《学校以外の相談窓口》  
  山梨県の総合教育センター教育相談部では、24時間体制(土日・祝祭日含む)で学校生活にかかわる電話相談を受け付けています。
  学校教育相談ホットライン〈みないい子〉 055−263−3711

▲このページのトップへ

保健だより 冬休み号

甲府工業高校保健室  

 二学期は学校行事へのご協力ありがとうございました。強歩大会においては 事前健康相談65名の希望がありました。強歩大会参加率88.7%完走率96.7%ご家庭での健康管理のもと無事に終えることができました。

今冬のインフルエンザ対策

ひろげるなインフルエンザ ひろげよう咳エチケット(厚生労働省)

  今冬のインフルエンザの流行は例年より1ヶ月早く12月初めに全国的流行が始まり過去20年で最も早い流行開始となりました。山梨県内も既に流行しています。

●なぜ冬になると流行するのか

 毎年世界各地でインフルエンザの流行がみられます。北半球では1〜2月頃、南半球では7〜8月頃流行のピークとなります。日本では11月下旬から12月上旬に発生し翌年の1月〜3月に増加します。寒冷乾燥を好むインフルエンザウイルスは温度が低く乾燥した冬になると長時間空気中に漂ってウイルスが長生きできるというのが大きな理由です。                     

●インフルエンザと普通の風邪はどう違うのか

 インフルエンザはインフルエンザウイルスによって起こるかぜで、A・B・Cの3型に分類され、流行的な広がりを見せるのはA型とB型です。A型は冬に、B型は春先に流行する傾向があります。症状は突然38度以上の高熱が出て始まり 頭痛、腰痛、関節痛、筋肉痛が現われ高熱が3〜4日ほど続きます。いわゆる「普通の風邪」に比べて全身症状が強いのが特徴です。さらに合併症を併発し重症化することがあるのもインフルエンザの特徴です。重症化させないためには初期症状を見逃さないことが大切です。そのほか冬には嘔吐と下痢が突然始まる流行性嘔吐下痢症、頑固な咳が続くマイコプラズマ肺炎も流行します。     

●インフルエンザに感染したときは   

 インフルエンザと思われるときは 風邪だと軽く考えずに早めに医師の診断を受けましょう。医療機関を受診する際はマスクを着用しましょう。安静にして水分補給しましょう。インフルエンザの流行を把握するためインフルエンザの診断を受けたら担任に連絡してください。 

●かぜの王様インフルエンザを予防するために  

 ◇マスクを着用し、人混みへの外出を控えましょう。
  ◇外出後・食事前、うがい手洗いを励行しましょう。
  ◇室内の換気をしましょう。
  ◇運動後、汗をしっかり拭きましょう。
  ◇十分な睡眠と栄養をとり免疫力を高めましょう。
   予防方法はインフルエンザも風邪も基本的には同じです。

▲このページのトップへ

2学年 進路説明会実施要項(終了いたしました。)

進路指導部  
2学年  

  1. 目的 保護者と共に進路に対する目的意識を持ち、自らの意志と責任で進路を選択決定する。
  2. 日時 平成19年12月7日(金)  13:00〜16:00
  3. 対象 2学年生徒(254人)および保護者
  4. 場所 全体会(体育館)・分科会(各会場)
  5. 日程
  6. (1)会場準備 11:15〜12:00 体育館
    (2)受付 12:30〜13:00 生徒昇降口
    (3)進路説明会 13:00〜16:00

    【全体会】 13:00〜14:00 (60分) 体育館
     次 第
    (1)校長あいさつ 3分
    (2)2学年主任あいさつ 3分
    (3)進路ガイダンス
       ・講演
       甲府公共職業安定所 所長 関口 澄則 様 25分
       ・国立大学・高校視察訪問報告
        1)国立大学 8分
        2)関東地区 高校 8分
        3)九州地区 高校 8分
    (4)進路指導部より

    【分科会】  14:10〜16:00 (110分) 各会場

    コース
    会場
    説明担当
    生徒数
    就職 体育館 ・ジョブカフェやまなし
    キャリヤカウンセラー 芦澤 一生様
    134
    公務員 社会科教室 大原法律専門学校
    10
    大学
    短大
    大学校

    視聴覚室
    (全体会)

    301〜306教室
    (分科会)

    さんぽう講師
    (全体会)

    (分科会)
    諏訪東京理科大学
    神奈川工科大学
    帝京科学大学
    東洋大学
    日本工業大学
    山梨学院大学
    松本大学
    富士常葉大学
    職業能力総合大学校

    110

     

    74

    専門学校 401〜406教室 各分野別専門学校
    36

    計 254人

    ◎生徒は、筆記用具を持参する。
    ◎椅子・シートの片付けは、分科会終了後就職コースの生徒全員でおこなう。
    ※ 保護者の下足については、生徒の下駄箱に一緒に入れていただく。

▲このページのトップへ

平成18年度 公開授業(終了いたしました。)

平成18年10月10日

保護者各位

山梨県立甲府工業高等学校 
校 長  土 橋 英 俊 

公開授業について(御案内)

 時下ますます御清栄のことと御推察申し上げます。
日頃より本校教育活動等につきまして、御理解と御協力をいただき厚くお礼申し上げます。
 さて、「公開授業」を次のとおり実施いたします。 
  つきましては御多忙のところ恐縮に存じますが御来校いただき、授業の様子等を御覧下さいますよう御案内申し上げます。

  • 日時 : 平成18年10月31日(火) 午後 (12:40〜15:30)
  • 場所 : 本校
  • 対象 : 全校全てのクラスの授業 (4,5,6校時)

※ 12時15分より生徒玄関前にて、受付をいたしております。

   駐車は校舎内駐車場を御利用下さい。

 

▲このページのトップへ

PTA五葉 2007.10 Vol.1 創刊号

 PTA通信のPTA五葉「活気あるPTA活動を目指して・・・」が創刊されました。

 詳しくは、PTAのホームページをご覧ください。  PTAホームページへ

▲このページのトップへ

平成19年度 公開授業(終了いたしました)

平成19年10月19日

保護者 各位

山梨県立甲府工業高等学校 
校 長  戸 田  泰 明 

授業公開について(御案内)

 錦秋の候 皆様にはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 さて、平成19年第2回授業公開を次のとおり実施いたします。この公開は、本校が進めております保護者、地域との連携による開かれた学校づくりの一環として実施するものです。日常の教育活動についてありのままの姿をご覧いただき、本校の教育についてご理解を深めていただければと思います。
  皆様から頂戴するご要望やご意見を参考にさせていただき、本校の教育活動のなお一層の発展、向上に努めて参りたいと考えております。
  なお、公開日は通常通りの授業を行っておりますので、都合のよい時間に適宜参観していただくようお願いいたします。

  • 公開日 : 平成19年10月25日(木)
  • 公開時間 : 午後12:40〜15:30
  • 場 所 : 甲府工業高等学校各教室
  • 参観者 : 保護者
  • 備 考 :
    (1)生徒昇降口玄関前の受付に上業時間割、授業実施教室、校内案内図等を用意します。 案内図等を見て、適宜参観してください。
    (2)スリッパ等上履きをご持参ください。
    (3)学校の安全管理等の関係上、受付に名札を用意しますのでご着用ください。
    (4)アンケート用紙もあわせて用意させていただきます。お帰りの際、ご提出くださるようご協力をお願いいたします。
▲このページのトップへ

教育相談部だより 2007. 7. 20

 甲府工業高校教育相談部

 教育相談部ってどんな係?

  昨年度までは生徒指導部の中の一係として、教育相談担当 がいましたが、今年度、校内組織の改変に伴い、教育相談部として独立した係となりました。
  教育相談室がまだ整備されていないため、気軽に立ち寄れるような独立した部屋はありませんが、今年度は保健室に座席のある担当者・岩下が窓口となって様々な相談に応じています。学校生活を続けていく上での悩みや心配事、担任や科の先生には相談しにくいことなど、どうぞ気軽に声をかけてください。保護者の方からの相談にも応じていきます。
 校内での解決が困難な時には、必要に応じて、専門機関を紹介するなどの橋渡しを いたします。

 「要請訪問スクールカウンセラー」とは?

 県立高校でスクールカウンセラーの配置校は5校、教育相談員等の派遣校は20校ですが、本校にはいずれも配置がないため、要請訪問によるスクールカウンセラーを活用していくことになります。本年度は認定カウンセラーの川辺修作先生にお願いしてあります。
  7月上旬には、数名(保護者含む)のカウンセリングに応じていただきました。先生のお話では、「あまり難しく考えずに、気軽に利用してくだされば・・・」とのことでした。9月以降につきましても数回(今のところ 9/18、10/23、11/30の午後)の要請訪問を予定しています。生徒対象はもちろんですが、保護者のみの面談も受け付けております。不登校やいじめ、対人関係の悩みや情緒問題、無気力等、学校生活にかかわることでお困りのことがありましたら、気軽にご相談ください。

 夏休みを迎えて

 夏休みは学校からの解放感もあり、生活リズムが崩れたり問題行動が起きたりしがちです。学校も教職員は勤務しておりますが、研修や遠征等で留守のことも多くなります。そのような際には、県の機関の利用も可能です。  
  山梨県の総合教育センター教育相談部では、24時間体制(土日・祝祭日含む)で学校生活にかかわる電話相談を受け付けています。
  学校教育相談ホットライン〈みないい子〉 055−263−3711

▲このページのトップへ

保健便り 夏休み号

甲府工業高校保健室  

 本校の麻疹は、5月下旬から1ヶ月流行しましたが その後は感染がみられず 終息しました。ご家庭のご理解とご協力にお礼申し上げます。

定期健康診断結果のお知らせ  

 一学期は定期健康診断へのご協力ありがとうございました。
 定期健康診断の結果、再検査を要する場合はその都度、担任から生徒を通じて保護者あてに文書でお知らせしました。尿検査、結核検診、心電図検査において学校からお知らせがあった生徒は夏季休業中に専門医による再検査を受けて二学期始業式に保健室に提出して下さい。

 今年度の定期健康診断の記録については裏面に印刷したとおりです。
■体格は特に太っていたり痩せていないかぎり気にすることはありません。
■視力はABCD判定です。CDの場合は専門医に相談しましょう。Aは1.0以上、Bは0.9〜0.7、Cは0.6〜0.3、Dは0.2以下です。教室の一番後ろの席で板書が見える程度が0.7です。
■歯科はう歯未処置歯数が虫歯です。夏季休業を利用して治療しておきましょう。 虫歯がなくても歯肉や歯垢の状態で要観察が目立ちました。
■疾病異常については結果をお知らせすることを原則とします。治療済み証明書を提出するといった強制的な形式にはしませんので、家庭において健康管理に役立ててください。

熱中症にご注意

●熱中症とは、熱に中るという意味で暑さの中で起こる障害の総称です。大きく3つに分けられます。熱けいれん、熱疲労、熱射病です。梅雨明けなどに急に暑くなり体が暑さに慣れていない時に多く発生します。高温多湿で風がなく日差しが強いときに起こりやすくなります。屋内でも起こりますので体育館や暑い室内も注意が必要です。
  暑さへの耐性は個人差が大きいので、肥満傾向の人、体力の低い人、暑さに慣れていない人、体調の悪い人、熱中症を起したことがある人は注意が必要です。 風通しの悪い服装、過労、空腹、下痢、睡眠不足なども誘因となります。
●熱中症を予防しよう。
◇運動が長時間にわたる場合には、こまめに休憩をとる。
◇汗をたくさんかいたときには、こまめに水分を補給する。
  塩分濃度のある市販のスポーツドリンクを利用するとよい。
◇暑いときには、軽装(吸湿性・通気性のよい素材)で帽子を着用する。       

▲このページのトップへ

平成19年度 全国高校野球選手権山梨大会の応援体制について

 7月14日(土)から第89回全国高校野球選手権山梨大会が開幕します。本校は1回戦 7月15日(日) 11:30〜小瀬球場で山梨園芸高校と対戦いたします。詳細は、学校生活 > 各種行事 > 高校野球応援体制を掲載いたしましたのでご確認ください。
 ご声援およびご協力よろしくお願いいたします。

▲このページのトップへ

保健便り

平成19年6月27日

甲府工業高校保健室 

 先日、夏至を迎えました。7月は半夏生・小暑・大暑と暦が示すように、この時期は日ごとに暑さが増してくるようです。保健室では定期健康診断を終えて保健統計処理をしています。本年度の生徒健康診断結果につきましては例年どおり7月下旬に郵送します。

 さて、本校の麻疹(はしか)流行状況ですが、初発から1か月が過ぎました。10日程の潜伏期間を経ては小さな流行を繰り返しています。これまでに生徒22人が麻疹と診断されましたが、現在は治癒して全員登校しています。

 6月20日付けの新聞記事のA科3年の学級閉鎖につきまして、本校HPに掲載しましたが、麻疹の症状による欠席者が急増したため6月20〜22日の3日間学級閉鎖の措置をとりました。A3では、6月18日は高熱による欠席3人、早退2人。6月19日は麻疹診断1人、高熱による欠席5人〔うち3人に発疹出現〕、早退1人。その後も2人に発疹出現がみられました。学級閉鎖の期間中に6人が麻疹と診断されました。6月25日登校後、朝のSHRでA3の生徒全員の体温測定を実施しましたが異常はありませんでした。

 本校の麻疹の発疹出現は、5/24頃、6/6頃、6/18頃にピークがありましたので、今後7月初めが心配になります。

 発熱・発疹などの症状が出た場合は、学校を休み、早めに医療機関を受診してください。麻疹の流行を把握するために診断を受けたら早めに担任に連絡してください。

 また、高熱がみられる生徒については、一時ご家庭での健康管理をお願いしています。学校から郵送される所定の用紙に医師の許可をいただき登校するようお願いしています。ご家庭のご理解とご協力にお礼申し上げます。

 今後も、麻疹の感染による集団発生を未然に防止し蔓延を最小限にくいとめるために初期徴候の早期発見が大切です。ご家庭におかれましても継続して健康管理をお願いいたします。

 本校の麻疹罹患状況  ○出席停止中  ●治癒後登校
 

1年

2年
3年
M1
 ●    人  ●●●  人  ●●    人
M2
   ●    人  
E1
   ●●   人  ●    人
E2
     
T
 ●●●  人    
A
 ●    人   ●●●●●●●人
C
 ●    人    
▲このページのトップへ

強歩大会の日程変更について

平成19年6月25日

保護者各位 殿

山梨県立甲府工業高等学校
校 長   戸 田 泰 明

強歩大会の日程変更について 

 初夏の候、皆様にはますますご健勝のことと拝察いたします。日頃から本校の活動に対しましてご理解とご協力をいただきお礼申し上げます。

 さて、第31回強歩大会の行事日程が以下の理由により変更いたします。  

 つきましては、日程の確認をしていただきご理解とご協力をお願いいたします。

○理 由 ・緑ヶ丘陸上競技場改修工事(平成19年11月5日〜)

 これに伴い、当初予定の11月7日・8日(予備日)の実施が不可能となったため検討した結果、以下のように日程を変更して実施することにいたします。

 

行事

変更前
変更後
職員救急法講習会 生徒の講習日に組み入れる 9月 4日(火)
強歩大会事前検診 11月 1日(木) 10月19日(金)
PTA強歩大会協力者会議 10月31日(水) 10月25日(木)
強歩大会 11月 7日(水) 11月 1日(木)
強歩大会予備日 11月 8日(木) 11月 2日(金)
▲このページのトップへ

麻疹患者発生に伴う建築科3年臨時学級閉鎖について

平成19年6月19日

建築科3年保護者各位

山梨県立甲府工業高等学校
校 長   戸 田 泰 明

麻疹患者発生に伴う建築科3年臨時学級閉鎖について 

 梅雨の侯、保護者の皆様にはますますご清栄のことと存じ上げます。
さて、新聞等で報じられている通り、山梨県下各地で麻疹が流行しています。本校でも5月中旬に4名、今月になり7名の感染者が出ており、特に建築科3年では、19日の欠席が8名、早退が1名でした。欠席者のうち麻疹確定者1名、体に発疹のある者が3名と、今後広まる心配があります。
  この件について学校医や関係機関と相談した結果、感染拡大による蔓延を防止するため建築科3年を学級閉鎖することが望ましいという結論になりました。この件につきまして、保護者各位のご理解、ご協力のほどをお願いいたします。

  1. 学級閉鎖の期間  6月20日(水)〜6月22日(金)
  2.  
  3. 学級閉鎖中は次の点にご配慮ください。
  • 外出は控え、十分に休養する。
  • 部活動は原則として禁止です。(活動する場合は、学校長の許可を得る必要があります。)
  • 疑われる症状が出た場合には、直ちに受診し担任に報告してください。

  また、6月25日(月)の朝、登校前には必ず健康観察をし、下記の症状が見られた場合は出席停止になりますので担任に連絡してください。

  • 発熱 37.5℃以上
  • 体の発疹

 なお、学級閉鎖中に相談や問い合わせ等がありましたら、学校まで連絡してください。
学校及び担任の連絡先  電話 055−252−4896  FAX 055−251−3385

▲このページのトップへ

保健便り

平成19年6月15日

甲府工業高校保健室 

 気温の差が著しい季節です。入梅が間近かのようですが、今年、山梨県内は5回目の真夏日を観測しました。朝からよく晴れ気温が上昇すると30度を超えて7月並み暑さになります。
 さて、麻疹(はしか)流行状況ですが、他校の様子は、終息に向かっている高校、終息に向かいつつも麻疹の発生がみられた高校、潜伏期間を経て麻疹の発生がみられる高校と様々です。
  本校では、これまでに生徒11人が麻疹と診断され、そのうち10人は既に治癒し医師の許可をいただき登校しています。5月下旬に診断された4人は同じ運動部に所属、6月に診断された7人のうち4人は最初に麻疹になった生徒と同じクラスです。本校の麻疹の発疹出現は、5/24頃と6/6頃にピークがありましたので、今後6/18すぎ頃が心配になります。一部から全体への感染の広まりはないか注意しています。朝SHRでの欠席調査と健康観察は現在も継続しています。欠席状況は 毎朝、山梨県教育委員会と保健所に報告しています。同時に当日の麻疹による欠席数を保健室入口に掲示しています。
  また、高熱がみられる生徒については、一時ご家庭での健康管理をお願いしています。学校から郵送される所定の用紙に医師の許可をいただき登校するよう お願いしています。ご家庭のご理解とご協力にお礼申し上げます。
  発熱・発疹などの症状が出た場合は、学校を休み、早めに医療機関を受診してください。これまでに麻疹と診断された生徒の中には 幼児期の予防接種歴があり高熱が1回だけで翌日発疹が出現する、あるいは、発熱がなく発疹が出現する、という経過をとった生徒もいます。初診で風邪と診断され、発疹の出現で再診した生徒もいました。麻疹の流行を把握するために診断を受けたら早めに担任に連絡してください。
  今後も、麻疹の感染による集団発生を未然に防止し蔓延を最小限にくいとめるために初期徴候の早期発見が大切です。ご家庭におかれましても継続して健康管理をお願いいたします。

 本校の麻疹罹患状況  ○出席停止中  ●治癒後登校
 

1年

2年
3年
M1
 ●    人  ●●    人  ●●    人
M2
     
E1
   ●    人  ○    人
E2
     
T
 ●●●   人    
A
     ●    人
C
     
▲このページのトップへ

保健便り

平成19年6月1日

甲府工業高校保健室 

 先週5月24日に保健だよりを配布し麻疹(はしか)についてお知らせしました。本校では、これまでに生徒4人が麻疹と診断され、そのうち3人は既に治癒し医師の許可をいただき登校しています。また、高熱がみられ一時ご家庭において健康管理をお願いしていた生徒も学校生活を始めています。保護者のみなさま方のご理解とご協力にお礼申し上げます。今後は、二次感染による集団発生を未然に防止し蔓延を最小限にくいとめるために初期徴候の早期発見に十分注意が必要です。ご家庭におかれましても継続して健康管理をお願いいたします。


●本校の麻疹(はしか)流行状況
 5月23日の午後と夜にそれぞれ高熱がでた生徒2人(後日、麻疹と診断)について、同じ部活動に所属していることが5月24日の午前中に判明しましたので、麻疹を疑い昼休みに部員全員の体温測定を実施しました。発熱している生徒については個別に対応しました。また、6校時終了後の臨時SHRで担任が欠席調査と健康観察を実施して保健だより(本校HPにも掲載)を配布しました。
〔後日、麻疹と診断された他2人の生徒も24日は欠席していました。〕
  5月25日以降、朝SHRで欠席調査と健康観察を継続しています。また、麻疹と診断された4人の生徒が所属する運動部の部員全員の体温測定も昼休みに実施してきました。
  今後は、二次感染の初期徴候を早期発見するために、発熱・発疹などの症状が出た場合は、学校を休み、早めに医療機関を受診してください。今回麻疹と診断された4人の中には幼児期の予防接種歴があり、高熱が1回だけで翌日発疹が出現するという経過をとった生徒もいます。
  また、麻疹の流行を把握するために診断を受けたら早めに担任に連絡してください。ご家庭のご理解とご協力が非常に重要です。

●県内の麻疹(はしか)流行状況 〔新聞記事より抜粋〕
◎5月21日現在、患者数は159人。学校別では小学生17人(13校)中学生65人(5校)高校生27人(11校)。〔5・24付山日〕
◎5月25日現在、患者数は208人。高校生が51人で増加傾向にある。〔5・26付山日〕
◎5月29日現在、麻疹患者数は(疑い含む)259人で3割以上にあたる90人(29校)を高校生が占めた。〔5・30付山日〕
◎感染研(国立感染症研究所)は「今回の流行はピークを迎えつつある可能性があるが、流行地域はより広範囲に拡大する傾向もみられ、十分注意が必要」としている。          

▲このページのトップへ

保健便り 麻疹(はしか)の流行に備えて

平成19年5月24日

甲府工業高校保健室 

 本校では4月にインフルエンザの報告が数件ありましたが終息しました。
  5月中旬頃より38度以上の高熱で保健室を来室する生徒が見られます。春から初夏にかけては感染症が最も流行する時期です。今年は山梨県内でも麻疹(はしか)の流行が危惧されております。県内の高校でも麻疹(はしか)の罹患報告がありました。本校においては今週に入り一部の運動部の生徒に高熱の症状がみられたため昼休みに部員の体温測定を実施しました。ご家庭におかれましても健康管理に十分留意してください。

麻疹(はしか)の流行に備えて


●麻疹とは
 麻疹は感染力が非常に強く、重症な場合には肺炎や脳炎を合併することもある病気です。特に乳児や成人では重篤になりやすいので注意が必要です。
 ○病源菌:麻疹ウィルス
 ○感染経路:飛沫感染
 ○潜伏期間:10〜12日
 ○感染力:発疹出現前後3日
 ○合併症:肺炎・脳炎・中耳炎・咽頭炎
 ○症状:
 〔カタル期〕38〜39度の発熱、咳、くしゃみ、鼻水、充血など風邪に似た症状が3〜4日続く。コプリック斑(口腔内に周りが赤く中心が白い小斑点)がみられる。
 〔発疹期〕熱がいったん下がり、半日〜一日後に再び発熱する頃に発疹が出現する。発疹は耳の後ろ・頭・額・口のまわり・首から始まり、腕・胸・腹・背中・足へと全身に1〜3日で広まる。
 〔回復期〕発疹が全身に出ると熱は下がり、風邪症状も次第に軽減する。発疹は色素沈着後7〜10日で消失する。熱が下がっても1週間は無理をしない。

●日常生活上の注意:
 ○うがい手洗いをする。マスクを着用する。
 ○発熱、せき、発疹などの症状が出た場合は、学校を休み、早めに医療機関を受診してください。
その際、麻疹患者と接触していた場合には受診前にそのことを医療機関に電話で伝えてください。
 ○麻疹の流行を把握するために麻疹の診断を受けたら担任に連絡してください。
 麻疹は学校伝染病ですので出席停止の措置をとります。

 

▲このページのトップへ

平成19年度PTA総会(終了いたしました。)

PTA総会の様子(昨年度の画像です)

平成18年度PTA総会 平成18年度PTA総会 平成18年度PTA総会

 

平成19年度PTA総会について(PDFファイル)

平成19年 4月 11日    

山梨県立甲府工業高等学校
 PTA会員  各 位

山梨県立甲府工業高等学校      
  PTA会長  山本 藤雄    
       校   長  戸田 泰明    

平成19年度PTA総会について(通知)

 新緑の候、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。また、平素は本校PTA活動にご協力いただき誠にありがとうございます。
  さて、今年度の総会を次のとおり開催いたします。なにかとお忙しいとは存じますが、是非ご都合をつけて頂き、ご出席くださいますようお願い申し上げます。

  1. 期 日   4月 28日(土)
       ※ 学校創立記念日ですが、生徒は授業になります。
  2. 場 所 視聴覚室(3階)
  3. 日 程  
    (1) 受 付 (昇降口前)  12:30〜
    (2) 授業参観 (教  室)   12:40〜13:30
    ※ 控え室は、図書館及び視聴覚室になっております。
    (3) PTA総会 (視聴覚室) 13:50〜15:30
    (4) 学級PTA (個別懇談) 15:40〜
    ※ 各クラスにて
    (5) 懇親会 17:30〜
    場所 『ニュー芙蓉』 甲府市塩部3−6−10
    рO55−252−1327
    会費 4,000円
  4. お願い
    イ 上履きを持参してください
    ロ 下履きはお子さんの下駄箱をご利用ください
    ハ 駐車場の関係から車は乗り合わせでご来校ください
    ニ 出欠票は4月18日(水)までに、必ず担任へ提出してください
    ☆ 尚、懇親会へ出席の方は、会費を添えてお願いいたします。
    ……………………………………… きりとり線 …………………………………………
    出  欠  票
    ◎ 授業参観に( 出席 ・ 欠席 )します
    ◎ PTA総会に( 出席 ・ 欠席 )します。
    ◎ 学級PTAに( 出席 ・ 欠席 )します。
    ◎ 懇親会に ( 出席 ・ 欠席 )します。
    ※出席・欠席のどちらかを◯で囲んで下さい。
                      科   年   組     生徒名
                                   保護者名              印
▲このページのトップへ

2学年 進路説明会実施要項(終了いたしました。)

  1. 目的 保護者と共に進路に対する目的意識を持ち、自らの意志と責任で進路を選択決定する
  2. 日時 平成18年12月8日(金) 13:00〜16:00
  3. 対象 2学年生徒(258人)および保護者
  4. 場所 全体会(体育館)・分科会(各会場)
  5. 日程
  6. (1)会場準備 11:15〜12:00 体育館
    (2)受付 12:30〜13:00 生徒昇降口
    (3)進路説明会 13:00〜16:00

    【全体会】 13:00〜14:00 (60分)  体育館
     次 第
    (1)校長あいさつ
    (2)2学年主任あいさつ
    (3)進路指導部より


    【分科会】  14:10〜16:00 (110分) 各会場

    コース
    会場
    説明担当
    生徒数
    就職 体育館 ・甲府公共職業安定所
    所長 関口 澄則 様
    ・キャンパスジョブカフェ
    講師
    111
    公務員 407教室 大原法律専門学校
    進路指導部
    大学
    短大
    大学校
    視聴覚室
    301〜306教室
    ライセンス講師
    諏訪東京理科大学
    東京電機大学
    県立産業技術短期大学校
    東洋大学
    日本工業大学
    山梨英和大学
    山梨学院大学
    96
    専門学校 分野別→教室
    401〜406教室
    ライセンスアカデミー
    各分野別専門学校
    47

    計 258人

    ◎生徒は、筆記用具を持参する。
    ◎椅子・シートの片付けは、分科会終了後就職コースの生徒全員でおこなう。
    ※ 保護者の下足については、生徒の下駄箱に一緒に入れていただく。

    ▲このページのトップへ

平成18年度 公開授業(終了いたしました。)

平成18年10月10日

保護者各位

山梨県立甲府工業高等学校 
校 長  土 橋 英 俊 

公開授業について(御案内)

 時下ますます御清栄のことと御推察申し上げます。
日頃より本校教育活動等につきまして、御理解と御協力をいただき厚くお礼申し上げます。
 さて、「公開授業」を次のとおり実施いたします。 
  つきましては御多忙のところ恐縮に存じますが御来校いただき、授業の様子等を御覧下さいますよう御案内申し上げます。

  • 日時 : 平成18年10月31日(火) 午後 (12:40〜15:30)
  • 場所 : 本校
  • 対象 : 全校全てのクラスの授業 (4,5,6校時)

※ 12時15分より生徒玄関前にて、受付をいたしております。

   駐車は校舎内駐車場を御利用下さい。

 

▲このページのトップへ