校訓:質実剛健 信条:技術者となる前に人間となれ

教育の目標

平成28年度教育目標と指導重点

 

Ⅰ 学校教育目標

 

「質実剛健」を校訓とし、「技術者となる前に人間となれ」を信条として、新しい時代を主体的・ 創造的に生きる、逞しくもしなやかな心を持ち、豊かな人間性・社会性をそなえた工業技術者を育成する。

 

Ⅱ 指導指針

 

1 人間教育を最重点に、「ものづくり」「進学」「部活動」の各分野で全国トップレベルの工業高校を目指し、『スーパー甲府工業構想』を強力に推進する。
2 社会的・職業的自立に必要な知識、技術・技能、態度を育むと共に、地域社会や産業界に貢献できる
人材を育成する。

 

Ⅲ 指導重点

 

1 社会に通用する人間力を持った人材を育成する。

(1)基本的生活習慣の徹底を図り、社会人基礎力を育成する。
(2)あらゆる場を道徳教育の機会と捉え、規範意識や社会性の高揚に努める。
(3)たくましい心と思いやりの心を育て、明るい学校づくりに務める。
(4)地域社会や企業との連携を図り、それらの体験活動を通し、社会の一員としての自覚と責任感を
育成する。

 

2 確かな学力の向上を図り、生徒の希望進路を実現する。

(1)基礎的・基本的な学力の確かな定着と、生徒の主体的な学習の推進を図る。
(2)学科の特色を生かした専門教育を展開し、スペシャリストとなる基礎の確立に務める。
(3)明確な進路目標を持てるよう進路決定能力を育成すると共に、自己実現を目指す態度を育てる。
(4)読む力、書く力、聞く力、話す力等のコミュニケーション能力の育成に努め、学びの基礎となる
国語力を向上させる。

 

3 部活動を積極的に推進し、心身の健全育成に努める。

(1)部活動・委員会活動をより活発に展開し、豊かな人間性を持った生徒を育てる。
(2)体力の向上を目指し、体育・スポーツを積極的に推進する。
(3)健康、安全や食に関する知識を高め、自他の生命を尊重する心を育成すると共に、
自己管理能力を養う教育を推進する。

 

4 時代のニーズに対応した、教育活動を推進する。

(1)適切に学校評価を行い、信頼される学校づくりの推進に努める。
(2)環境教育、福祉教育、情報教育並びに国際理解教育の推進に努める。
(3)系統的・体系的なキャリア教育を推進し、望ましい勤労観や職業観を育成する。

 

Ⅳ 各学科の教育目標

 

機械科

自動車、電車、工場の機械、ロボットなど生活を豊かにする製品をつくるために必要なものづくりの技術と技能を学習し、将来この分野で活躍できる人材を育成する。

 

電気科

電気基礎理論、電力送配電,電気機器制御、太陽光・風力発電技術などについて幅広く学習して、電気工事士などの資格を取得し、電力関連企業及び各種メーカーの生産設備の管理技術者として活躍できる人材を育成する。

 

電子科

コンピュータ、ロボット、携帯電話、テレビなどを構成する電子回路やソフトウェア及びコンピュータネットワークなどの通信について基本的なことを学び、これらの応用品の製造・検査ができる人材を育成する。

 

建築科

住宅から高層建築まで、様々な建築物の設計方法と造り方を学習し、将来この分野で活躍できる人材を育成する。

 

土木科

道路・鉄道・トンネル・橋、ダムなどの構造物を建設するための設計と測量を学習し、将来この分野で活躍できる人材を育成する。