トップ > 学校案内 > 研究発表・各種資料 > SHP(スーパープロフェッショナルハイスクール)

SPH(スーパープロフェッショナルハイスクール)

  • 本年度(平成29年度)より本校は、文部科学省が平成26年度から実施しているスーパー・プロフェッショナル・ハイスクール(SPH)事業の指定校となりました。
    なお、県内の高校としては初となります。
  • 文部科学省のスーパー・プロフェッショナル・ハイスクール事業のページはこちらとなります。
  •  
  • 研究開発課題名

    『「数値制御ロボット技術」を通した、地域産業を支え、地方創生を創造する技術者の育成』

  • 研究の概要

     山梨県において「数値制御ロボット」を中心とした機械電子産業は県内の基幹産業となっており、基幹産業を支えていくための人材育成は喫緊の課題である。そこで、SPH事業を通じて「課題解決力・創造力」を育み、専門的で実践的な「技術・技能」を身に付け、自ら考え行動できる「思考力」を兼ね備えた人材を育成し、合わせてものづくりを創造する「論理的な思考」、「ひらめきと活用の実践」、「ものづくり倫理」の習得を進めていく。
     本科3年間では、3つのプログラム《@【Thinking】科学的根拠に基づいた論理的思考力の育成、A【Engineering】高度で実践的な技術力の向上、B【Challenge & Humanity】起業家精神と技術者としての人間教育》により「課題解決力・創造力」の育成を行うことで、「数値制御ロボット」技術の創造と活用ができる「先進的技術者」に繋げる。  さらに平成32年度開設する専攻科の2年間では4つ目のプログラム《C【Advancing】課題解決・創造の実践》により、「数値制御ロボット」技術を具現化することがきるような応用力を合わせ持つ「先進的設計技術者」の育成に繋げていく。
     本校を中心に継続的に人材を育成していくために、SPH事業を通じて、「カリキュラムの研究開発と実践」を行い、他校、他地域への「普及モデル」となることを目指し、地域活性化、地方創生の方策についても提案していく。

  • イメージ図

    SPHイメージ図
▲このページのトップへ

ADOBE READER画像※PDFファイルの参照には ADOBE READER (無料)が必要です。
※左記のバナーから ADOBE READERのダウンロードサイトへアクセスし、お使いのOS環境に最適なバージョンの ADOBE READER をダウンロードして下さい。